神聖幾何学のこと

2021-09-26 06:00:00

幾何学は体に効く?

昨日の夜から体調を崩してしまいました。今朝は良くなっていたのですが、今日のZoomレッスン中だんだんと辛くなってきて休憩。2回レッスンの1回目でしたので早めに切り上げさせて貰おうと思っていたのですが


プラトン立体の正十二面体を説明しながら描いていたら、体が楽になって最後まで出来ました。

幾何学って不思議ですね😃



そしたら過去ブログにもこんな記事が

この日はフルーツオブライフをお伝えしていました。

2019.11.28
一昨日から体調が悪かったのです。上から下から大変でした(ご飯中のかたはすいません)

まぁ、上から下から大変だったのが私だけで良かったと思う。

(不幸中の幸というか、、私が作ったご飯が原因じゃないと言う安心感。)

 

昨日はそれを引きずって、ダウン。まともにご飯食べれない。食べても少しだけ。

おまけに頭痛もひどい。恐らく熱もあるかも、、、

今朝も頭痛、ロキソニン飲んでもすぐに痛くなる。もしかして脳に何かあった?と思うほど。

でも、朝御飯とお弁当は昨日も今日も作りましたよ(ちなみに晩御飯はレンジチン)

お弁当作りがなかったら、たぶん気が緩んで寝込んでいたかも、、、そう思うと毎日のお弁当作りに感謝

こんな状況でしたが、今日は神聖幾何学模様アートのある日

そう思うと体も少し元気に

 

そして、いつもの事ですが、

 

描き終わったら良くなっている

 

体調が良くなくて休みたいと思っても、幾何学を描くと良くなることが多いです。

私にとって幾何学を描くということは、体を整
くれる作用があるようです。

くすり絵という本が

そうですね。(内容はよく知りませんが)同じ事なのかな?

幾何学の不思議ですね。

 (noteより転載)

 

最初から読む→https://reemu.biz/diary/9140